読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点尊降臨!

「ぼくが何者であるかは、お前が決めれ!」 なんか創る人をやってます。

【音楽】いいくぼさおり 全国ツアー@大阪ソープオペラクラシックス

 音楽と書いて音を楽しむと書く。
 ああ、なんてベタでどうしようもない書き出しなのだろう。
 ぼくは音楽が楽しいことを知っている人間なのだ。それは気がつけば自分で曲を作りはじめたのが切っ掛けなのだけれど。そもそもは老後の趣味を作るためにギターを始めたことだった。
そんなギターを弾き始めた頃、今よりもとんでもなくヘタクソでどうしようもない頃のことだった。ぼくは友人が前座で出るとのことで、奈良の三条通にあるYというライブバーへ行った。友人はその日のトリを勤める”いいくぼさおり”のファンで、彼女の前座を勤めるのを喜んでいた様子だった。

 その日の集客は散々で純粋な客はたしか記憶が正しければ二人だったような気がする。ライブは三組で友人が一番目だった。友人はピアノを弾き語りながら過去見た中で一番のパフォーマンスをした。ものすごく良かった。

 ぼくといいくぼさおりの出会いはそのライブが始まる前だった。彼女は黒髪ロングヘアーで白い肌に黒い大きな瞳が印象的だった。「うわーっ可愛い(綺麗)」と思いつつ、東京に対する根拠のない嫉妬からか、可愛いだけちゃうんか! と思っていたのだった。

しかし・・・・・・
それが間違いであったことは彼女が一音グランドピアノを弾いた瞬間にわかった。
二組目が友人と比べてぱっとしないライブを終えて、ああこりゃ今日のベストはたぶん友人だろう(それくらい良かった)と思ってそんなに期待なんてしていなかった。
一音。
たった一音あとは引きずり込まれた。
一曲目は「眠れぬ夜のシンフォニー」だった。あとは音がイメージを想起させぼくはどこかの世界を旅させられた。それはまさに衝撃だった。
あれから1stアルバムレコーディング前の大阪のライブに二度顔を出した。

 この間はたしか一年くらいの間だったのじゃなかろうか。記憶が定かじゃないけれど。
いいくぼさおりは奈良のYで観た時よりも、変化していた。

 ミュージシャンっていろんなフィーリングを持っている人がいて、時々それが形というか無形のイメージで見えたりすることがある。いいくぼさおりはどちらかというと自分の世界に人を引きずり込むタイプだった。少なくとも奈良のYで観た時はそうだった。「えいやー!」と始めたうまく行くかどうかもわからない初の全国ツアーだったからなのかもしれない。奈良のYで観た時のいいくぼさおりは自分のおきどころがわからないところがあったように思う。

 彼女の変化を意識したのはどこでだっただろう?
大阪のamホールでだろうな。音が変わった。聴衆を自分の世界に引きずり込むというよりも、何かを伝える方向に向き始めたような気がした。でもそれはまだ確固としたものではなくて、まだふわふわしていたような気がする。

 その後、タイミングが合わないとかぼくがCommon Bar SINGLESのこととかその他でなかなか身動きができなくなったこともあって、なかなか彼女を観に行くことができなかった。
それが、ようやく2ndアルバム発売による全国ツアーで大阪、しかもうまく休みもとれたので行ったのだった。
1stアルバムから三年ということだから、たぶん四年くらいはご無沙汰だったのかもしれない。ぼくが初めてレコーディングをしたのが2009年の夏だったからそれ以前だから、やっぱり四年だな。
もう二日前になるけれど、ぼくは四年以上ぶりのいいくぼさおりを楽しんだ。彼女自身が音楽を楽しんでいることがわかるライブだった。音を楽しむことができた。
 
 ライブ前に彼女のプロデューサである保坂氏といいくぼさおりとの対談があった。そこで保坂氏は「いいくぼさおりが確立されてきたよね」とおっしゃっていたけれど、ぼくは四年ご無沙汰だったから余計にその変化を感じた。
いいくぼさおりは確かに誰かに何かを与えられる歌い手になっているとぼくは思う(異論は聞かない!)

 終演後、まだ未購入だった2ndアルバムを購入したのだけれど、その際いいくぼさおりさんより「そんさんですよね」と声をかけられた。なんで知ってんの?って正直思ったけれど、うれしかった。
なんとなくだけれど憶えられていたのだろうか? よくわからないけれど。
先日SINGLESで話をしていた。ネットだけの関係よりも、普段はつながりが希薄でも一度会ったことのある人の方がどこかでつながってるみたいな話を。
もしかしたらそんな感じなのかな。まあ良いや。


本日9月9日は京都シルバーウイングス
明日9月10日は京都VOXhall
9月14日はぼくのご先祖の何人かが暴れ回っていた噂のある長野県の「長野J」(http://livehousej.com/schedule.htm)にてライブとのことです。
お時間ある人はよければどうぞ。良い時間が過ごせるよ。

ここもチェック! http://futureamadeus.com/