読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点尊降臨!

「ぼくが何者であるかは、お前が決めれ!」 なんか創る人をやってます。

先日観たライブの感想

先日大阪は茨木市にあるJack Rionというライブハウスにライブを観に行きました。
インディーズのライブは昨年9月のいいくぼさおり以来。

最近は自分が音楽からかなり離れていることもあり、インディーズのライブはあんまり観に行ってないです。昨年もいいくぼさおり嬢一本だけ。

今回のお目当ては今勤めている会社の同僚のバンド「テテテテ」
(なんか てててててて って多く言っちゃいそうなバンド名ですが)

イラレと格闘していた影響もありライブは途中から参加
観たのは三組。

Front Hock
テテテテ
山本新

Front Hock
普通に巧かった。いや普通というかかなり巧かった。メッセージソングを歌い続けてました。メッセージソング、ぼくは作れないのですごいな〜と思いました。
MCが無駄に長いので、MCはカットして最初と最後だけシンプルにして演奏ばっかやってたらもっと良かったのにと思いました。


テテテテ (http://jp.myspace.com/tetetete.com
これってバンド形式では何度目のライブなのかな? 知らないんだけれど。バンドとしてまとまっているなと感じました。
曲はよく考えて作っているなと感じました。曲調がバラエティに富んでいるので飽きがこなかったのが良かったです。
二曲目にやった” tomorrow "は名曲でした。あの曲で周囲のお客さんの雰囲気がガラリと変わった。 インディーズのライブでライブ中に空気が変わる瞬間ってそうそう目にしたことはないのですが(行く回数も少ないからね)、あれは「おお!」と思いました。
身内だからとぼくはやたらと褒めないのですが(時に褒めるのが難しい人も過去にいたが、それでもやっぱり褒めれないのは褒めれないので褒めなかった)、今回のライブを観て今後楽しみなバンドであると感じました。
確かに細かい点をつつけばアラはでてくるけれど、それを含めてもお客さんは満足して帰ることができるクオリティがあります。
ソングライティングをしているテテテテの酒井氏はもともと面白い音を作る才能がある人なので、それが活かされたアレンジになっていきているのが、飽きのこなかった要因だと思います。
その良い面がもっと活きることができれば、もっとバンドも成長するだろうなと思います。
今回ライブ自体があることを知らなかった、知っていたけれど行かなかった人は次回はなんとか時間を作って行ってみると良いです。
音を楽しんでいる彼らと音を楽しめると思います。


山本新 (http://www.yamamotoarata.jp/pc.htm
この人は・・・
この人は・・・この日最大の発見でした。発見と言って差し支えないと思います。
なんと言うのでしょうか、古代遺跡をうっかり発掘してたらうっかり大発見してしまった心境になったのです。
メンバーは彼一人です。打ち込みを流しながらエレキギターをかき鳴らし、彼は歌います。
音はハードなギターロック。甘い歌声に乗せられるのは「重曹」「イソフラボン」「アボガド」「バネ」(バネってあの機械とかに使われるバネですよ)。
一人でやってるのに、なぜか後ろになんかいる気分になります。
そして、なんの魔法なのか・・・・・・気がつけば何かに操られるように踊らされているのです。
何が面白いのかよくわからないのですが、とにかく爆笑しました。
そう何がよくわからなかったのですが、面白いです。
ああ人生に笑いが少々足りない人は彼のライブに足を運ぶと良いでしょう。なんかわからないけれど楽しくなります。なんかわからないけれど気がつけば笑っています。

You Tubeにも彼の動画はあるのですが、ライブで体感することを強く強くオススメしたいです。

特に主婦をやっている方は"重曹”という曲には深い感銘と共感を覚えることでしょう。
”専らフルーティ”なんかはNHKみんなのうたあたりにあっても良い気がします。

ということで、非常に満足したライブでした。
少なくとも
テテテテと山本新だけで大当たりすぎるくらい大当たりでした(大げさ)。