読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点尊降臨!

「ぼくが何者であるかは、お前が決めれ!」 なんか創る人をやってます。

犬が歩けば棒に当たると言うが、ぼくが歩けば何に当たるだろう?

あなたもなれる! あなたもやれる! って言葉に惑わされて早36年近くが経過しています。 もう惑わされたくないので、そういった類の本はもう買わないことにした。

良く考えてみた。いや、今更かもしれないが良く考えてみたのだ。俗に言う自己啓発本について。確かに読めば意識高い感じになるし、仕事に対する見方とか若干変わるぽく感じる……。しかしこれはあくまでも感じるだけなんだ。自己啓発本読む人って、その多くは現状に不満持ってて自分の環境を変えたい人が多いと思う。自分の仕事上のスキルアップで読む人って意外と少ない気がする。

だいたいが読んで、自分と同じ考えだ! ってうんうんと頷いて満足したり、自分の意見を補強する話に頷いてる気がする。
役に立つ啓発本もあるだろうし、実際に実践すれば何か良いことあるかもしれない。
でも、読んだ人で実践してる人って少ないんじゃないか? 

著者と環境も年齢も境遇も違うから当たり前なのかもしれない。けど、読んだ人の8割は何もしてないんじゃないかな。全員が自己啓発本の通りに行動したなら、世の中もっと変わってる。


だから、ぼくは読まない。いや正確には買わないことにした。もうその8割のままでいたくない。お金を出版社と著者に貢ぐだけの存在から卒業しようと思ったのだ。読んで満足するくらいなら、飢えて行動する方が良いと言う結論に達したのだ。

もう脳内完結なんてしてても、一銭にもならない。なら、とりあえずやってみるしかない。

でも不安だ。不安はたくさんある。未来のことはわからないからだ。今ある絶望的な環境にしがみつきたい! そんな考えに占領されていても責めることはできない。

嗚呼! 不安を解消するためには、行動の動機付けをするには自己啓発本が必要だ!
そうだ! 図書館で借りるくらいなら良いか…いや良くない!


買っても借りてもそれで満足するのは痛々しいので、とりあえずLINEのスタンプを作ることにした。

犬も歩けば棒に当たる。
やってみれば、棒ではなく金に当たるかもしれない。
人生という海原に小さな波紋を作ってみようと思う。