読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

点尊降臨!

「ぼくが何者であるかは、お前が決めれ!」 なんか創る人をやってます。

伝えるということ

ここ最近感じていること。
自分の考えや想いを伝えるって難しいことなんだなということ。

人間いくら気が合うからといって隅から隅まで同じじゃない。気があうことが必ずすぐに通じ合うっていうことにはならないと思うんだ。
だから、忍耐強くあいての言葉を聞かないといけないし、伝える側だって知恵をこらさなきゃならない。
それは普段のコミュニケーションだけで言えることじゃなくて、音楽や絵画、映画、芝居にもいえることじゃないのだろうか?
一年くらい前までは簡単なものをいかに難しくするかってことを考えていたんだけれど、Common Bar SINGLESで複数の人と知己を結び交流する中で、また今の仕事をやっていく中で「伝える」ことの難しさを感じたんだ。
そこでやっと気がついたっていう。

お世話になっているクリエイターの方が「芸術とはいかにむずかしいものを かんたん にするか」ということを言っていたのだけれど、その通りなんだって最近は思う。
芸術となると、何をどこまで見せるかってところはあると思うけれどね。